ナカソネ設計
No12.
津嘉山酒造所見学会

 

名護市街地に戦前からの木造赤瓦家屋工場において、泡盛「国華」を造っている津嘉山酒造所の見学会が名護市文化課、商工観光課、建設計画課主催のもと開催されました。

当日は市職員、建築士会北部支部、名護市社交飲食業組合、北部工業高校の生徒ら多数の参加者で盛大に行われました。

見学会の前に参加者全員で同酒造所敷地内の草刈を一時間程度行い、歴史的にも文化的にも貴重な財産の保存に協力し、見学会終了後には同酒造所の「国華」の試飲会がありました。
さすが幻の酒、「国華」は最高のまろやかさで格別でした。
(仲宗根 徹)

津嘉山酒造所外観
見学会前の清掃風景
池の周りを清掃する比嘉伝英氏 清掃中の国場支部長、大城副支部長
庭の清掃をする参加者
前庭の清掃 裏庭の清掃

建物概要の説明

比嘉伝英氏 宮城調副氏
見学会の様子
工場内を見学する参加者 工場関係者からの説明
見学会の様子
蒸留タンク 泡盛をろ過する機械
 
国華の製造に使う黒こうじ菌 古酒43度をかめで
寝かしている状態
国華の試飲会の様子

ページの先頭へ

 

ニュース&イベント
このサイトのすべての情報・画像の著作権は有限会社ナカソネ設計の管理下にあります。
いかなる形においても引用・複製・再配布を認めません。